サービス約款

株式会社那須屋サービス利用約款

第1条(総則)
  1. 株式会社那須屋(以下、「弊社」といいます)が提供する、衣装・ドレスレンタル付貸切本格写真撮影サービスを中心とした一切のサービスについては、この約款(以下、「本約款」といいます)の定めによるものとし、本約款は、サービスの利用申込をした者及び本サービスを利用する者(以下、「お客様」といいます。) と弊社との全ての関係について適用されるものとします。

  2. お客様及び弊社は、本約款を誠実に遵守する義務を負います。

  3. 弊社が本約款とは別に利用規約及び諸規定等(以下、「諸規定等」といいます) を定めた場合、諸規定等はそれぞれ本約款の一部を構成するものとし、本約款と諸規定等の内容が異なる場合には、変更の効力発生時期が遅いものから優先して適用されるものとします。

第2条(定義)
  1. 「衣装・ドレスレンタル付貸切本格写真撮影サービス」とは、弊社が指定する撮影場所(自社スタジオ等)において、弊社所有の衣装、ドレス、その他小物等(以下、まとめて「衣装等」といいます)をお客様に貸与するとともに、弊社指定の方法にて着付け等の支度を手伝い、弊社がお客様を被写体とする写真撮影を行うサービスを指します。

  2. 「お出かけオプション」とは、衣装・ドレスレンタル付貸切本格写真撮影サービス(以下、「本格写真撮影サービス」といいます)に付随するオプションサービスであり、本格写真撮影サービスの利用者を対象として、貸与対象の衣装等を、別日に改めてお客様に貸与するとともに、弊社指定の方法にて着付け等の支度を手伝い、お客様が弊社の指定する撮影場所以外の場所へ外出すること(当該衣装・ドレスの持ち出し)を認めるサービスを指します。

  3. 「オーダーレンタルオプション」とは、本格写真撮影サービスに付随するオプションサービスであり、本格写真撮影サービスの利用者を対象として、弊社所有の衣装等を貸与する際に、当該衣装等について、弊社がお客様の寸法に合わせた加工(セミオーダー)を施した上で貸与するサービスを指します。

  4. 「購入オプション」とは、本格写真撮影サービスに付随するオプションサービスであり、本格写真撮影サービスの利用者を対象として、弊社が貸与する衣装等について、お客様が当該衣装等を返却することなく、購入することができるサービスを指します。

  5. 「持込オプション」とは、本格写真撮影サービスに付随するオプションサービスであり、本格写真撮影サービスの利用者を対象として、弊社所有の衣装等を貸与する代わりに、お客様がご自身において準備した衣装、ドレス等を着用するものとし、弊社が弊社指定の方法にてその着付け等の支度を手伝うサービスを指します。

  6. 「ロケーション撮影オプション」とは、本格写真撮影サービスに付随するオプションサービスであり、本格写真撮影サービスの利用者を対象として、弊社が指定する撮影場所における写真撮影の代わりに、お客様がご希望する屋内外の撮影場所(ただし、弊社のサービスが提供可能な範囲に限ります)において、弊社がお客様を被写体とする写真撮影を行うサービスを指します。

第3条(契約の成立)
  1. 弊社の提供する本格写真撮影サービスを中心とする前条の各種サービス及びその他一切のサービス等(以下、「本格写真撮影サービス等」といいます)にかかる業務委託ついては、お客様が、弊社所定のサービス申込書への署名及び所定の申込金(内金)の支払いをもって、契約が成立するものとします(以下、「成約」といいます)。

  2. 本格写真撮影サービス等の提供に際して、弊社がお客様に貸与する衣装等は、弊社所定のサービス申込書の記載内容をもって、特定するものとします。

  3. 「オーダーレンタルオプション」とは、本格写真撮影サービスに付随するオプションサービスであり、本格写真撮影サービスの利用者を対象として、弊社所有の衣装等を貸与する際に、当該衣装等について、弊社がお客様の寸法に合わせた加工(セミオーダー)を施した上で貸与するサービスを指します。

  4. 本格写真撮影サービス等の提供に際し、着付け等の支度や写真撮影実施の詳細な日時・場所等については、弊社からお客様に対して、合理的な猶予期間をもって、事前の案内を適宜の方法により別途行うものとします。

第4条(サービス料の支払い)
  1. 弊社は、成約後、請求書記載のサービス料をお客様にご請求するものとし、お客様はこれを弊社が指定する支払期日までに支払うものとします。なお、弊社が、従前発行したカタログやホームページに掲載する料金表の金額が請求書記載の金額と相違する場合があったとしても、成約直前に弊社が発行した最終の請求書記載のサービス料の金額をもって、当該契約にかかる正規のサービス料とします。

  2. サービス料の支払いにかかる振込手数料は、お客様の負担とします。

  3. お客様において、弊社が指定する支払期日までにサービス料の支払いがなされない場合、弊社は、当該支払期日の経過をもって、何らの催告によることなく当然に、お客様都合によるキャンセルとして取り扱うものとし、当該契約に基づくサービス提供を直ちに停止するとともに、お客様に対して、当該契約解除日を基準日として、第6条に定めるキャンセル料及びキャンセル事務手数料(以下、「キャンセル料等」といいます)をご請求します。

第5条(サービスの実施)
  1. 弊社は、お客様に対して、サービス申込書、請求書、第3条3項の事前案内等に基づき、本格写真撮影サービス等を実施します。

  2. 弊社の貸与する衣装等については、成約日以降お客様への引渡しを完了するまで、弊社が善良な管理者の注意をもって保管します。お客様への引渡しまでに、当該衣装等に毀損・滅失・盗難等が発生した場合、お客様と弊社は、双方協議の上、弊社が当該衣装等の代替品として同等の衣装等を準備することで、当該本格写真撮影サービス等の提供を継続できるよう努めるものとします。

  3. 弊社の貸与する衣装等について、お客様への引渡し後はその返却まで、お客様が当該衣装等を善良な管理者の注意をもって使用し保管するものとします。弊社への返却までに当該衣装等に毀損(血液汚れ・香水・オーデコロン等の付着含む)・滅失・盗難等が生じ損害が発生した場合、その危険はお客様の負担となり、弊社に対して当該損害を賠償する義務を負います。

  4. 弊社の貸与する衣装等について、お客様において、お出かけオプションを利用する等、複数回の着用が予定されている場合、弊社は、お客様の依頼により、着用後の当該衣装等を再度保管することができますが、その場合の弊社及びお客様の責任は本条第2項及び第3項に準ずるものとします。

  5. 弊社の貸与する衣装等について、お客様は、サービス申込書、請求書、第3条3項の事前案内等で定められた返却予定日に、弊社の指定する場所において、当該衣装等を返却するものとします。

  6. 前項にかかわらず、弊社の貸与する衣装等について、お客様の返却がその返却予定日より遅延する場合、弊社はお客様に対し、弊社所定の延滞料金(1日あたり当該契約のサービス料の10パーセント相当額)をご請求します。

第6条(お客様による契約のキャンセル等)
  1. お客様は、成約後に当該契約をキャンセルすることができます。ただし、お客様都合によるキャンセルの場合、弊社は、お客様に対し、下記キャンセル料等を請求します。その詳細は以下の通りです。なお、キャンセル事務手数料は5000円(税別)とします。

    (キャンセル期日) (キャンセル料等)
    ①成約日から7日以内 ・無料
    ②成約日より8日以降、本格写真撮影サービスないしお出かけオプション実施予定日(※実施予定日が複数ある場合にはそのうち最も早い実施予定日を指します)(以下、「着用予定日」といいます)の30日前まで ・第4条の定めるサービス料(以下、「当該サービス料」といいます)の20パーセント相当額及びキャンセル事務手数料
    ③着用予定日の29日前から7日前まで ・当該サービス料の40パーセント相当額及びキャンセル事務手数料
    ④着用予定日の6日前から前日まで ・当該サービス料の80パーセント相当額及びキャンセル事務手数料
    ⑤着用予定日当日以降 ・当該サービス料の100パーセント相当額及びキャンセル事務手数料
  2. 成約の際の申込金(内金)はキャンセル料等に充当するものとし、当該契約のキャンセル日までに、お客様からキャンセル料等を上回る入金があった場合、弊社は、お客様に対して、当該入金額からキャンセル料等を差し引いた金額を、振込の方法により遅滞なく返金します(振込手数料はお客様の負担とします)。

  3. 弊社の貸与する衣装等について、お客様への引渡し後、お客様が当該衣装等を着用された場合(本格写真撮影サービスないしお出かけオプション等が実施された場合)、お客様は、理由の如何を問わず、当該契約をキャンセルすることはできません。

  4. お客様は、成約日から7日以内であれば、小物合わせの変更ができます。ただし、その場合、当該契約をキャンセルした上で、変更後の内容にて再契約したものとして取り扱い、当該再契約日をもって成約日とします。

第7条(お出かけオプションの特約)
  1. お客様において、成約後、お出かけオプションの追加実施を希望される場合、お客様と弊社は、その追加サービス料、実施予定日、着用後の衣装等の保管等について、双方協議の上、その実施を図るものとします。

  2. お出かけオプションにおける着付、ヘアメイク等のサービスについて、お客様は、弊社が第3条第3項の事前案内をした、弊社指定の実施日時及び場所(弊社提携美容室を含む)にて、当該サービスを受けるものとします。

第8条(オーダーレンタルオプションの特約)

お客様において、オーダーレンタルオプションを含む契約をキャンセルする場合、弊社は、お客様に対して、第6条第1項所定のキャンセル料等に加えて、弊社において衣装等についてお客様の寸法に合わせた加工を行うために生じた、裏地・加工・仕立て等の代金及び実費を請求します。

第9条(購入オプションの特約)

お客様において、購入オプションにて、別の機会に弊社のサービスに供されたことのある中古品を購入する場合、お客様は、当該衣装等を現状有姿にて購入するものとします。この場合、お客様は、弊社に対し、当該衣装が契約の内容に適合しないことを理由として、履行の追完の請求、代金の減額の請求、損害賠償の請求及び当該契約の解除・キャンセルをすることはできません。

第10条(持込オプションの特約)

お客様において、持込オプションを利用する場合、弊社において、お客様の私物である衣装等の保管はしません。

第11条(ロケーション撮影オプションの特約)

お客様において、ロケーション撮影オプションを希望する場合、弊社においてお客様が希望する当該場所においてサービス提供が可能であるか否かを確認するため、成約前に、お客様と弊社は、実施日時及び方法について、双方協議の上、その実施を図るものとします。弊社において、当該場所におけるサービス実施が不可能であると判断される場合には、当該契約を締結しません。

第12条(賠償責任)
  1. 弊社が、下記各号の理由により、本格写真撮影サービス等を実施できない場合、弊社は、お客様に対して、第4条第1項の当該契約のサービス料の範囲内で、お客様ご本人及びそのご家族に生じた各種損害(精神的慰謝料を含む)を賠償します。

    1. 弊社が破産、会社整理、会社更生手続及び民事再生手続等の倒産処理手続の申立てをした時。

    2. 弊社が監督官庁よりその営業許可の取消しを受け、または営業を停止若しくは廃止した時。

    3. その他、弊社の責めに帰すべき事由により、本格写真撮影サービス等を全く履行できない時。

  2. 弊社の責めに帰すべき事由により、本格写真撮影サービス等における写真撮影・着付等個々のサービスに不具合を生じた場合、弊社は、お客様に対し、同サービスを再実施するか、個々のサービスの代金相当額の範囲内で、当該不具合によりお客様ご本人及びそのご家族に生じた各種損害(精神的慰謝料を含む)を賠償します。

  3. 前項の場合に、お客様が参加を予定していた式典(成人式、卒業式等)に参加することができず、それについてお客様に何らの責めに帰すべき事由がなかった場合、お客様と弊社は、双方協議の上、お客様ご本人及びそのご家族に生じた各種損害(精神的慰謝料を含む)を賠償します。ただし、当該賠償額は第4条第1項の当該契約のサービス料を上限とします。

  4. 天災地変、疫病の流行(新型コロナウイルスを含む)、戦争、内乱、暴動、内外法令の制定・改廃、公権力による命令・処分・指導、同盟罷業その他の労働争議行為、その他の不可抗力の事由により、弊社が本格写真撮影サービス等が通常通り実施できなくなった場合、当該契約は当然に将来に向かって消滅し、弊社は、お客様に対し、直接損害、間接損害を問わず、何らの賠償の責めを負わないものとします。

  5. 前項の場合、弊社は、お客様に対し、当該契約消滅までの衣装等の保管等、それまでのサービス提供の対価として、第6条1項所定のキャンセル料等の2分の1相当額を請求するものとし、返金・精算については第6条2項に準ずるものとします。

  6. 本条第4項の定める各不可抗力の事由により、お客様が参加を予定していた式典(成人式、卒業式等)の予定が変更されたとしても、弊社が当該契約に基づく本格写真撮影サービス等の提供が可能な場合には、当該契約に何らの影響を及ぼしません(お客様において当該契約をキャンセルする場合には第6条の適用を受けるものとします)。ただし、お客様と弊社は、双方協議の上、本格写真撮影サービス等の実施時期を変更することができます。

第13条(反社会的勢力との関係を理由とする解除)
  1. 弊社は、お客様が、下記各号の一に該当すると判断した場合は、契約締結を拒否し、本格写真撮影サービス等一切のサービスの提供をお断りします。

    1. 暴力団、暴力団員、暴力団関係団体、暴力団関係者、その他の反社会的勢力(以下総称して「暴力団等」といいます)である場合、公共の福祉に反する活動を行う個人または団体である場合、以上に該当する事実が過去にあった場合、もしくは以上の団体のいずれかの構成員であった場合。

    2. 暴力団等が事業活動を支配する個人または法人であるとき。

    3. お客様が、暴力団等に関連する刑事事件によって逮捕、拘留、刑事訴追を受けた場合。

    4. 自らまたは第三者を利用して、弊社または弊社の取引先等関係者に対して、詐術、粗野な振舞い、合理的範囲を超える負担の要求、暴力的行為または脅迫的言辞を用いるなどした場合。

    5. 自ら又は第三者を利用して、弊社または弊社の取引先等関係者に対し、自身やその関係者が暴力団等である旨を伝え、または自身やその関係者が暴力団等であると想起させるおそれのある言動をした場合。

  2. 弊社は、お客様が、前項の各号の一に該当すると判断した場合は、何らの催告なく、当該契約を解除することができます。

  3. 前項の場合、弊社は、お客様に対し、お客様都合によるキャンセルに準ずるものとして、第6条1項所定のキャンセル料等相当額を請求し、返金・精算については第6条2項に準ずるものとします。

第14条(通知・報告義務)
  1. お客様は、成約に際して弊社に知らせた、個人情報のうち、氏名・住所・電話番号等の連絡先の内容について、変更があった場合には、その旨を遅滞なく適宜の方法により、弊社に通知するものとします。

  2. 弊社及びお客様は、相互に、弊社の貸与する衣装等の保管・使用等について、適宜の方法により問い合わせをした場合には、双方誠意を持って対応するものとします。

第15条(個人情報利用に関する同意)

お客様は、弊社がお客様の個人情報を次の目的に利用することに同意します。

  1. 本契約等の履行

  2. 本契約を含むお客様との取引の与信判断及び与信後の管理

  3. 弊社提携業者に対する本格写真撮影サービス等の一部委託・再委託

  4. 弊社のマーケティング活動、商品開発、商品・役務等に関する案内

  5. 弊社提携業者に対する前項の弊社業務の一部委託・再委託

第16条(合意管轄)

お客様及び弊社は、本約款に関する一切の紛争(裁判所の調停手続を含む)は、弊社の本店所在地を管轄する裁判所を、第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

第17条(誠実協議の合意)

本約款に定めのない事項、または本約款の解釈について疑義が生じた場合は、お客様及び弊社は、本約款の趣旨に従い、誠意をもって協議し、解決するものとします。

第18条(本約款の変更)
  1. 弊社は、お客様に事前に通知をしたうえで、本約款を変更することがあります。その場合、本サービスの利用条件は、変更後の本約款によるものとします。

  2. 変更後の約款は、前項の事前通知日付の1週間後に、その効力が発生するものとします。なお、弊社は、前項の通知において、変更の効力発生日を指定することができます。

第19条(弊社からの通知)
  1. 弊社からお客様へのすべての通知は、本約款に別段の定めのある場合を除き、お客様が指定した電子メールの送付、弊社ホームページ上への一般掲示、その他弊社が適当と認める方法により行われるものとします。

  2. 前項の通知が、ホームページ上の掲示による場合、弊社ホームページ上にアップロードされ一般的に閲覧可能となった時点で、電子メールの送付による場合は、弊社が発信した電子メールが、お客様の指定した電子メールアドレスの属するメールサーバに到達した時点で、通知の効力を生じるものとします。

  3. 弊社ホームページ上の掲示場所は下記のURLのページとし、新しい日付のものが優先するものとします(弊社トップページ:https://www.nasuya.co.jp/)。お客様は、弊社ホームページの閲覧及び電子メールの受信確認を行う等の方法により、弊社からの通知の有無及びその内容を随時確認するものとします。

(附則)
令和3年4月1日施行
以 上
ページの先頭へ戻る