那須屋スタッフ 那須屋スタッフ

2021
新卒採用募集サイト

Challenge & Enjoy

Message

代表取締役 大高忠之

自らチャレンジして
自ら楽しんで働ける
そんな環境が
NASUYAにはあります

代表取締役 大高忠之

NASUYAが求める人財はチャレンジ精神旺盛な方です。
自分で道を切り開いて進んでいる時にワクワクできる、そんな人を探しています。これからますます挑戦を続けるNASUYAを、共に作っていきませんか?

NASUYAのリクルートサイトへお越しいただきありがとうございます。
弊社は栃木県大田原市に本社を構え、着物の販売、衣装レンタルフォトスタジオを運営し、大田原市、さくら市に店舗を構えております。
創業は1688年(元禄元年)と古く、今年で332年。たくさんのお客様に支えられ続けて参りました。

長く続いている会社ですから堅苦しいイメージや古いイメージを抱かれる方もおられます。しかし、我が社が長く続けてこられた理由の一つは、世の中の流れに合わせて会社の形を変え、変化に対して柔軟に対応してきたからだと考えています。

変化をする中で沢山の失敗もあります。思い出せば笑ってしまう様な失敗をたくさんしてきました。しかし、NASUYAの価値観では、失敗を決して悪い事とは捉えていません。失敗とは自分の限界を超えて挑戦したからこそ起こるもので、大きな失敗と大きな成功は紙一重であるからです。

ですから、我が社の社員さんにはたくさん失敗していただきます(笑 失敗の数が多ければ多いほど、成功した時に話がドラマチックになりますからね。

NASUYAが求める人財はチャレンジ精神旺盛な方です。自分で道を切り開いて進んでいる時にワクワクできる人は、きっとNASUYAで楽しく仕事ができるでしょう。そして、どんな事からも自分を成長させるために、素直に謙虚に学ぶ姿勢のある方です。

NASUYAは現在2店舗の運営ですが、更なる出店も視野に入れています。日本文化を世界に発信していく企業として、将来は海外出店も視野に入れております。これは私にとって、NASUYAにとっての挑戦です。
一度しかない人生です。沢山の挑戦をし、自分が成長している事を感じながら、そしてお客様に必要とされる喜びを感じながら、一緒に仕事をしませんか?

environment

社員自らはたらきかけ、挑戦を楽しむ!

NASUYAの環境

NASUYAの仕事は
CHALLENGEENJOYの循環

NASUYAは、自ら動いて挑戦し、そしてその挑戦を楽しむ環境づくりを大切にしています。社員が能動的にイベントや企画を立案・実行することで生まれる楽しさ。社員の楽しさはお客様にも伝わり、そこから「笑顔」が生まれます。NASUYAには、CHALLENGEとENJOYの循環があります。

社員企画のBBQ大会

社員企画のBBQ大会

笑顔あふれる撮影

笑顔あふれる撮影

笑顔でおもてなし

笑顔でおもてなし

イベント準備は全員で力を合わせて!

イベント準備は全員で力を合わせて!

interview

NASUYAで働く人たち

スタッフ鈴木

総務として、お客様の笑顔のために
できることを、日々全力で取り組んでいます

鈴木友菜 / SUZUKI TOMONA 総務
2019年入社 NASUYA総務部

入社のきっかけ

着物が好きなことと、好きなものに携われる仕事が出来たらと思い入社を決めました。先輩社員の方達の親切で温かい雰囲気と、説明会の時の明るくキラキラした姿に憧れたことも入社の一因です。

仕事でやり甲斐を感じる瞬間

遂行した仕事に対し、感謝の言葉をいただいた時です。自分の行ったことが誰かの役に立っていると自覚できた時、初めて自分の自信に繋がると感じます。

今後どうなりたいか

NASUYAは物事に挑む機会を与えてくださったり、応援してくださる会社です。また、自己の成長に対しても同様です。会社を支える存在として、総務として、必要な知識や業務を覚える等研鑽を重ね、頼りになる社員になります。

NASUYAでチャレンジしてきたこと

社内の委員会、リクルーターの活動に携わることです。私のような入社して日が浅い者でもやってみるという機会を与えてくださることが多くありますし、先輩方が支援してくださるので「やってみよう」という気持ちや活動を通してより多くの体験や経験を積むことが出来るのではないかと思います。

NASUYAで成長できたこと

以前よりも前向きな気持ちで物事を捉えられるようになったと思います。失敗をいつまでも引きずるのではなく、次はこうしてみようと工夫して取り組むことで結果的に作業効率を上げることが出来、また、仕事に対する気持ちも良いものになっていると感じます。

NASUYAでどんな喜びを作ってこられたか

私の仕事は直接お客様と対面するものではない為、営業部の皆さんのようにお客様の笑顔や嬉しそうな様子を直に見ることはありません。振袖や和装小物など、お客様が身につけるものを丁寧に取り扱ったり、お茶出しは迅速に対応するといったことが私に出来る事であり、営業部の皆さんの接客の質をより良くすることにも繋がると思います。このことが喜びに繋がると信じて努めています。

スタッフ鈴木01
スタッフ鈴木02
スタッフ末松

自分のやる気が、直接経営につながる
それが私の喜びです

末松愛美 / SUEMATSU EMI 店長
2008年入社 大田原店

入社のきっかけ

東京の専門学校で広告デザインの勉強をしました。地元で就職することが決まり、何か自分のスキルを活かせる仕事は無いかと探していた時、祖母が着付けの講師だったことで着物にも興味もあり、着物屋さんの広告デザインを希望し、入社致しました。

仕事をしてやり甲斐を感じた時

様々な仕事をする中で一貫して思うことは、自分の仕事が誰かに喜んでもらえた時です。お客様、一緒に働く仲間から自分の仕事を認めてもらえた時、また必要としてもらえた時には、この仕事をしていて良かったと心から思います。中でも、成人式当日は格別です。早朝から目まぐるしく走り回りますので疲労困憊にもなりますが(笑)、お支度をしたお母様やお父様から「ありがとう、NASUYAさんで良かった」と涙ながらに感謝のお言葉を頂くと、そんな疲れが吹っ飛ぶくらいに胸がいっぱいになります。また一年この日のために頑張ろう!とモチベーションが上がる大切な1日です。

今後どうなりたいか

現在店長として店舗の運営に携わらせていただいていますが、私自身としては入社して10年が経ち、弊社の仕組みも、外部環境も大きく変化してきた実感があります。今後は経営にも参画できるような知識を得たいです。また、自社で働いてくれる仲間を応援・サポートし、女性が多い職場ならではの働きやすい職場づくり、そしてお客様にこれまで以上に喜んでいただけるようなプランやサービスの開発を担える存在になりたいです。

NASUYAでチャレンジしてきたこと

入社当初はデザイナーとして広告デザインをしていましたが、商品プランを覚えるうちに、接客や、カメラマン、着付けにも挑戦する機会があり、実践を重ねながらできることを増やしてこられたと思います。NASUYAは挑戦する場がどんどん与えてもらえるので、やればやっただけ自分の成長を感じられます。また、店長という立場にならせていただいたことで、店舗の責任者としての自覚や責任、また一緒に働く仲間とのチームワークやコミュニケーションにおいても多くのことを学び、チャレンジしています。まだまだ勉強中です!

NASUYAで成長できたこと

私がNASUYAで成長できたと感じることは、考える力と行動力です。NASUYAでは、社内勉強会や社内行事、お客様を招いてのイベントも多くありますが、決まりはなく、全て自分たちで考えます。イベントを実行して成功するには、まず計画を具体的に考える力が問われます。日時、時間、予算などを計画し、それを実行します。その結果としての成功や、時には失敗もあります。失敗したとしても、そこからの反省や学びは行動しないと得られない収穫と学びました。大高社長はそれを大きな器で受け入れてくれました。小さなイベントでも自分に任せてもらえることで、沢山の成功体験を積ませてもらえました。その経験があるからこそ、今現在の店長としての自分の仕事に役立っていると強く感じます。

NASUYAでどんなお客様の喜びを作ってきたか

どんなお客様にも喜びを感じていただけるようにと勉強中ですが、私が特に感じる喜びがあります。それは、成人式で弊社をご利用くださったお客様がご結婚され、その後お子様が生まれたお祝いのお手伝い、成長されて七五三のお祝いをさせて頂く。またご親戚のお姉様もご利用になるなど、1人のご家族様を介してそれに関わる皆様がNASUYAをご利用いただける輪が広がってくださることです。至らないところもまだまだあるとは思いますが、お客様に喜んでいただけているのではないかと感じる一つです。

スタッフ末松01
スタッフ末松02
スタッフ伊藤

学生時代には縁のなかった
イベントの企画や運営の主力を担っています

伊藤葵 / ITO AOI チーフ・店長代理
2015年入社 さくら店

入社のきっかけ

私はヘアメイクの専門学校に通っていて、就職活動の際は「お客様の笑顔を作れる職場に つきたい」と思っておりました。NASUYAはヘアメイクや接客を通して、お客様と関わり 笑顔を作れる職場だと感じて入社致しました。

仕事をしていてやりがいを感じる時

接客の中でお客様とコミュニケーションをとり、ご成約の際には「伊藤さんに担当してもらえてよかった」「ありがとう」というお言葉をいただくと、自分がお客様のお役に立てたことにやりがいを感じます。

今後どうなりたいか

さらに多くのお客様にNASUYAを知ってもらい、利用してもらえるよう、NASUYAの魅力 をお客様にもスタッフにも伝えられる人材になりたいと思っています。より多くのお客様の喜びをいただけるよう、私自身も接客スキルを磨くと共に、後輩や同僚の皆と一緒に学び、成長していきます。

NASUYAでチャレンジしてきたこと

イベントの企画、運営にチャレンジできました。学生の頃は自分で企画立案やリーダーの経験がなかったため、NASUYAに入って企画、運営にチャレンジして、計画性や先読みをする力を身につけることができました。

NASUYAで成長できたこと

やったことがないこともやってみようと思うようになったことです。学生の時の私なら、やったことがないから不安、という気持ちから、一歩を踏み出せませんでしたが、今ではやったことがないからこそチャレンジしてみようと思うようになりました。失敗もありますがそこから学びを発見し、次に活かすように心がけています。

NASUYAでどんな喜びを作ってこられたか

ヘアメイクに入る中で、成人のお嬢様と相談し、時にはご提案をしながらヘアメイクを進め、仕上がった時に、理想通りです。ありがとうございます!と行っていただけたことが印象に残っています。コミュニケーションを通して喜びを作れたと感じます。

スタッフ伊藤01
スタッフ伊藤02

キャリアアップの流れ

CASE : 伊藤葵(2015年入社)

新人研修
接客トレーニング
撮影
アシスタント・
ヘアメイク
アシスタント
接客

まずは社会人としての心得から始まり、NASUYAが大切にしていること、お客様への思いや基本を共有していきます。接客マナーや着物、撮影の知識を得て、先輩社員さんと共に現場で実際にお客様対応をしていただきます。

接客
撮影・
ヘアメイク
着付け
トレーニング
後輩への教育係

2年目からは、接客をメインにしながら技術の取得にも挑戦していきます。トレーニングを随時行いながら、チェックテストを受け、合格後に念願のデビューとなります。また、入社1年目の後輩社員さんへの教育係になっていただきます。

選考の流れ

お問い合わせ当社ホームページ、またはお電話でお問い合わせください。

会社説明会へのご参加弊社の会社説明会にご参加いただき、事業内容や店舗見学、現場の社員さんとのコミュニケーションを通して、採用試験にチャレンジするかどうかを見極めて頂きます。

グループ面接エントリーシートをご提出頂き、グループワーク型の面接を行います。仲間とのコミュニケーションや、チームで成果を作ることを体験していただきながら実施する予定です。

適性検査・店長面接適性検査を含め様々な質問を通し、面接担当からの質問だけでなく、対話型の面接スタイルで、お互いの考え方の共有をしていきます。

役員面接担当役員を交えての面接を予定しております。

職場体験面接を通過された方を対象に、実際に現場で働く社員さんたちと共に職場体験を実施いたします。接客や撮影風景の見学や、社員さんたちとコミュニケーションをとっていきます。

内定職場体験から3日以内に合否の通知を予定しております。

内定式後の流れ

入社にあたってのサポートとして、内定式後は月に1度程度の目安で、社内イベントや半日研修などに参加していただく機会があります。分からないことや不安などがあれば、遠慮なく先輩社員に質問してみてください。

内定式

内定式

研修・勉強会

研修・勉強会

BBQ

BBQ

NASUYAに
興味を持ってくださった
皆さんへ

ダーウィンの名言に
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である。」という言葉があります。
日々、その言葉を身をもって実感しています。

私が社長として弊社を継承して、まもなく13年となりますが、
その間、業態を少しずつ変え、会社を成長・発展させて参りました。
私が継承した当時は、着物の販売のみを行う会社でしたが、その後、着物やドレスのレンタルを始め、
社内に美容室を持ち、フォトスタジオを運営するまでになりました。

人は変化を嫌います。私も躊躇することはあります。しかし、変化するためには
「勇気を持って挑戦する」以外の方法はないと言うことも、この13年間学び続けて参りました。
毎年同じことの繰り返しはありません。常に新しいことへのチャレンジの連続です。
ですから私は、NASUYAが老舗企業ではなく、むしろベンチャー企業であると捉えています。

一度しかない人生、NASUYAでたくさんの挑戦と、その先の楽しみを共に作っていきませんか?
一人でも多くの学生さんと出会えることを、心から楽しみにしております。

代表取締役 大高忠之

トップへ